~難聴・母子家庭・高卒・いじめに遭ってきた、ハンディキャップだらけの僕でもマイナスから超絶プラスに覆した人生~

命の次に大事!仕事を始める前のステップ その⑤

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

ハンディキャップを覆す専門家のめりです!

あなたが理想のゴールにたどり着くために何からすればよいのかノウハウを発信しています。

今回は前回の『 ステップ④ 一週間の内使える時間のあぶり出しとスケジュール』の続きです。
『 命の次に大事!仕事を始める前のステップ 』もこれで最後、これらは基本中の基本!しっかりと物にしていきましょう。

 

ステップ⑤ 一か月、半年、一年と大まかな目標を立てる

これまでのワークで、8割がた自分自身の整理整頓ができ、目標に向かって走り始めてることだと思います。

慣れてくると「 忙しい!!」は単なる言い訳にしか過ぎなかった、優先順位の低い余計な事ばかりをしてたことに気付くはず。

さて、ここまで取り組んできたワークで『 今 』に特化して整理をしてきたものを長い目で見ていきます。

このワークのメリット
  • 目的地までの地図を作成することで全体像がわかり、今いる地点が明確になる
  • 今やっていることが「いつまでに」「どれくらい」なのか設定する指標になる
  • 目的地までのルートを外れたときに修正がしやすく自分を見失わないで済み、目的地に近づくにつれワクワクがどんどん増す
  • 先の想像しにくい事を忘れないうちにふんわりとでも形にしておくことで、先々の目標設定が容易になる

 

 ワーク

この作業ができてないと何の目印もない海に放りだされたも同然。堅苦しくなく楽しんでやりましょう。

紙2枚とペンを用意してください。

手順
  1. まず半年、一年、2年、3年と横一列に四分割に区切り、上下で仕事・プライベートと分ける(下に例あり)
  2. 仕事の枠に『 収入額・セールススキル・人脈 』などを踏まえ、好きなように数字を交えた理想の状態をざっくりと箇条書きしていく
  3. プライベートでどうなったら良いかを下半分にも書いていく
  4. もう一枚の紙(スケジュール手帳よりも真っさらな紙が良い)に今月から12カ月分に線分けし、これまでのワークでしてきた『 すること 』の期限を書いていく→ひとまず完成、スケジュール通りになるように今日から取り組む
  5. 1~2習慣お気に見直して自分の位置を確かめて修正を加えていく

 

ポイント

はい、これだけです!

こんな単純な事できてない人めちゃくちゃ多いですよ。僕もそうでしたが、これをやってから劇的に成長スピードが変わりました。

先の事なのでもちろん理想の形を書いていく作業になります。無難な理想よりは1.5倍は高い目標設定を心掛け加速をさせましょう。

≪書き方例≫

都度定期的な見直しは絶対に必要です!

実際旅行に行くときに最初の一回だけ見て後は見ないあんてあまりしないですよね、それと同じで、自分がどこにいるのか、予定より遅いのか、予定より早いのか、それを踏まえて休憩するかそのまま行ってしまうのか、大阪から北海道を目指してるはずが南の山口県にいてるなんて実際ありまくりです。

そして予定より遅かったとしても凹むための見直しではありません、その地図がそもそもなければあなたはどこにいるのかすら分からないのですから地図に感謝しすぐさま修正に取り掛かりましょう。

 

最後に

ここまで進んできたあなたは目的地までの道のりを明確にしてきました。

分からないところはもう一度振り返って学習してください。

今までのワーク
  1. やりたいこと、しなければいけないことを全て書き出す
  2. 優先順位を決め、今することを4個選ぶ
  3. 普段の生活の中で『 ムダと思える習慣 』を書き出す
  4. 一週間の内使える時間のあぶり出しとスケジュール
  5. 一か月、半年、一年と大まかな目標を立てる

それでも分からなければ私が自信もってお答えします。
質問します!のリンクボタン

メンターがいる方が成功までのスピードは速いです。一人で取り組んでみて15分位は自分で考えてみましょう。それ以上分からなくて悩む時間はもったいないので大いに活用しましょう。

共に明るい未来を歩んでいきましょうね!!

 

LINE@にてメルマガ配信中!!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハンディキャップを覆す専門家 , 2018 All Rights Reserved.