~輝かしい学歴、職歴、実績が無いと感じている年収400万円の30代営業サラリーマン向け~

初対面で緊張しないためにしておくべきこと

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

ハンディキャップを覆す専門家のめりです!

僕自身の体験をもとに共感できること、勇気を持ってもらいたいことをブログとして発信しています。

今回は初対面の緊張する場面を事前にできることは何か、その方法や意識するポイントをお話します。

 

緊張しているときは力を抜く

ブルース・リーの言葉でこんな名言を知っていますか?

「考えるな、感じろ(Don’t think,feel)」

これは緊張した場面で、あれこれ考えずに自分を信じてやるんだ。

というニュアンスでよく使われます。

実際本番になってから慌ててもしょうがないので、落ちつくくらいしかやることが無いんですよね。

ベストを尽くして終わりまで駆け抜ける。

終わったら反省をして、次につなげる勉強やワークを取り入れる。

仕事で緊張する場面で、一番多くて身近で、100%の人が経験するのが初対面でのやり取りです。

想像してください。

あなたは初対面で名刺交換をして、自己紹介をします。

何を何分間喋りますか?

ちゃんと使い分けをしていますか?

 

緊張しても大丈夫なように自己紹介を用意しておく

これは基本中の基本です。

名刺を渡そうが渡すまいが、相手に『どんな人なのか?』が伝わらないといけません。

伝えることで押さえておきたいポイントは

  • 親しみやすそうだと感じてもらう
  • 可能な限り素性を知らせる(事務所の住所や電話番号など)
  • 目的を伝えて印象に強く残してもらう

この三点です。

 

親しみやすそうだと感じてもらう

一緒に仕事をしたり頼みごとをする時には、やはり人間味のある人と輪を作りたいものです。

そのためには、仕事の内容のアピールだけでなく、どんな生い立ちがあったかを取り入れると人間臭さが出てきます。

かといって「どこそこで生まれてから今に至るまで」を話すと、3日位話すことになってしまいます。

おススメは、

  • 幼少の頃(7歳くらいまで)どんな子供だったか
  • どんな家庭環境だったか

を簡単に話せるようにしてください。

効果は抜群です。

 

可能な限り素性を知らせる(事務所の住所や電話番号など)

これも大事です。

渡された名刺に住所も電話番号もないのは信用に欠けます。

僕なら、素性が明らかかどうかの段階から始まるので関係が続きにくくいという実感があります。

契約して入金しても、簡単に逃げられそうだと誤解を与えてしまうので、起業に対してかなり痛いところ。

事情があって公にできない場合は、せめて電話番号とメールアドレスは載せましょう。

 

目的を伝えて印象に強く残してもらう

名刺交換や初対面の場が終わり、解散します。

次のアポを取ったのでなければ、次回いつ会うのかわかりませんし、相手の記憶から薄れていきます。

名刺交換をした相手がもしあなたの後に、あなたの職種と同じような人と会ったとします。

するとあなたの存在はますます薄れ、最新で会った人に印象がアップデートされていく事でしょう。

ただの名刺交換で終わらせてはいけません!

目的があってそこに居合わせたはずです。

名刺交換して「やれやれ終わり」ではないですよね?

オススメの方法があります。

それは、名刺交換をしてその日が終わった後に「ハガキを一枚」書いてポストに投函しましょう。

簡単な文章でかまいません。62円くらいすぐに元が取れます。

ハガキを送られてきた事により、他の人がしない事なので印象に残ること抜群です。

仲良くなるための「接触回数を増やす」というのと同じ効果が得られます。

 

自己紹介は4パターン考えておく

4パターンといっても内容の違う自己紹介を考えるのではありません。

話す長さの違うものを上記でお伝えしたポイントを踏まえて、

  • 15秒
  • 30秒
  • 1分
  • 3分

このパターンを用意してください。

何かの集まりで急に「それでは端から1分ずつ自己紹介していってください」なんて言われて、行き当たりばったりの事を話すのはもったいなさすぎます。

自分の伝えたいことを段取り良く話せた方が「この人仕事できるな」なんて好印象です。

慣れてきたら自己紹介の内容に『抑揚・間・声のトーン』などを工夫しましょう。

たまに自己紹介をめっっっっちゃ長くしゃべる人がいます。

情熱は伝わるのですが、情報が多くて覚えきれないのと、後の進行に影響してしまい良い迷惑になりかねません。

 

最後に

その場その場で話すことが事前に決まっていれば、緊張は大幅に軽減できます。

緊張するのは、準備が十分にできていないからです。

自己紹介を考えることは、自分の棚卸にも結び付くのでぜひ取り組んでください。

では次の記事は、起業する人によくある悩み『名刺交換のしかた』です

 

電子書籍無料プレゼント!

僕が何も実績が無い状態で何から始めたのか!?

自信も実績も売る物も無い頃に、

試行錯誤して得た方法が詰まっています。

 

この書籍は起業や副業を始めてみようと思っている人向けに、

僕なりに「これが必要だろう」ということを盛り込んだ、

スターターブックとなっております!

 

・どんなことから始めれば良いのか?

・気を付けるべきことは!?

・知っておいた方が良い事は!?

 

などを約60ページにわたって綴っています。

字が大きめなので、本を読み慣れていない人でも安心です♪

 

ダウンロードはコチラ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です