~輝かしい学歴、職歴、実績が無いと感じている年収400万円の30代営業サラリーマン向け~

売れる発明品を生み出す ~実績なんかいらない~

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

ハンディキャップを覆す専門家のめりです!

『 今回は自分に稼げる取柄がないとお金を取ってはいけない 』

と、思われがちな方が多い世の中、副業を始めるにも何をどうして良いのか分からない人が多いのも事実です。

発明はそこら中に転がっている

何かビジネスを始めようと思うとき、自分に取り柄がないなと思うときにおススメの仕事の作り方。

すでにやりたいことが決まっている場合でも頭に入れておいた方が良いことがあります。

こんなことありませんか?

  • 自分には大した実績がないし売れるものがない
  • 好きなことはあるけど中途半端な知識だから自信がない
  • 売れそうな物を持っているけど説得して売るのが苦手
  • ずっと技術職をやってきて営業の経験がなく売り方がわからない

ビジネスと言うからには、収入が入ることが前提である。

特に生活費に困ってなくて何となく趣味でやりたいとか収入に関係なくやりたいから続けるという場合はこの章は響かないかもしれません。

前提として、今回は発明=収入と定義します。

覚悟してほしいのが、収入になるのであれば『やりたいこと』は、もしかしたら捨てなければいけないかもしれません。

『やりたいこと』を世界でトップクラスになるくらい知識を深めてもそれに対してどんなセールスをしても、だれかが

「買いたい!」

と思わなければ売れないからです。

 

世の中のニーズ×自分にしかできないこと

これが発明を考える根本になります。

ヨガのインストラクターをやりたいとします。

普通にヨガのインストラクターの資格を取り、巷で教室を開いても神がかった物を持ってない限り生徒さんは集まりにくいです。

なぜか

ヨガ教室は駅前などの街中を歩けばありふれ過ぎて競合が多く、ヨガに対する情熱をいくらアピールしても、生徒さんには響きにくいのです。

むしろフィットネスクラブや大手に持っていかれるくらいですよね。

自分にしかできない事を探る

それならどうするか

ヨガに「世の中の生徒さんが求めてること」と「あなたにしかできないこと」をかけ合わせることです。

「世の中の生徒さんが求めてること」の例として、最近街中の整体で『忙しい主婦向け、お子さん連れでも大丈夫です』というアピールが目立ちます。

これは、初期に考え発見した人はまさに発明ですね。

つまり世の中の主婦の方たちは整体には行きたくても子供を見てくれる人がいない傾向にあることが伺えます。

これが「世の中が求めてること」です。

そして、「お子さん連れでも・・・」というアピールは、他のお店にもマネをされていくのでインパクトが弱くなってきます。

それなら、後はもう一つの『マネをされない』プラスアルファが必要になってきます。

 

プラスアルファは何か

それはあなたが今まで生きてきて培った経験の中にあります。

それは誰にもマネできません。

例を上げると、

あなたは昔、毎日仕事が鬼のように忙しくて疲れ過ぎ、仕事帰りに好きなヨガに行く気力が残らず、人生嫌になった経験があるとします。

でも、そこをあえてヨガをしてから家に帰り、お風呂に入ることで次の日に疲れが残りにくいなら、なおさらヨガをするべきですよね?

それなら看板に「仕事が多忙で余裕のない方向け、リラックスして通えるヨガ」の文言を添えます。

そしてあなたは仕事が忙しい人の気持ちが十分に分かっています。

仕事が忙しい人のメンターにもなれるわけです。

肉体的にヨガで癒され、精神的にもインストラクターに癒される。

同じ経験をしていない人にメンターになられても癒される力は弱いですからね。

「それだとそれに該当する人しか来ないのでは?」と思われるかもしれません。

それでいいのです!

入口を「 なんでも誰でも来い 」にするとその他大勢のヨガ教室と同じになります。

特定の人が来るようになると、あなたが情熱を失わずに続けていれば口コミで広がります。

気づいたら最初に設定していたターゲット以外の人がいることに気付くでしょう。

 

できるだけ早く発明をする

実は、世の中のニーズを発明するときに『まだ世に出て売られてないニーズ』を発見することは容易ではありません。

一番手っ取り早いのは、世の中のニーズをアピールしているお店から拝借しましょう。

そうすれば『あなたにしかできないこと』を掛け合わせるだけで良くなりますよね?

ニーズを調査する時間は街中のお店がしてくれているので省けます。

あなた自身が自分の強みを見つけにくいのであれば、第三者に見てもらうことをお勧めします。

「人には無限の可能性がある」というマインドの人が良いですね。

現実主義で「そんなの無理だよ」って決めつける人に聞くのは極力避けてください。

答えが出ないどころかあなたがやる気を失う危険性もあります。

あなた自身がメンター選びをくれぐれも間違いませんように。

 

電子書籍無料プレゼント!

僕が何も実績が無い状態で何から始めたのか!?

自信も実績も売る物も無い頃に、

試行錯誤して得た方法が詰まっています。

 

この書籍は起業や副業を始めてみようと思っている人向けに、

僕なりに「これが必要だろう」ということを盛り込んだ、

スターターブックとなっております!

 

・どんなことから始めれば良いのか?

・気を付けるべきことは!?

・知っておいた方が良い事は!?

 

などを約60ページにわたって綴っています。

字が大きめなので、本を読み慣れていない人でも安心です♪

 

ダウンロードはコチラ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です