~難聴・母子家庭・高卒・いじめに遭ってきた、ハンディキャップだらけの僕でもマイナスから超絶プラスに覆した人生~

【成長必至!!】アウトプットの方法10選!

2019/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

ハンディキャップを覆す専門家のめりです!

僕自身の体験をもとに共感できること、勇気を持ってもらいたいことをコーチングを軸にブログとして発信しています。

今回は「アウトプット」に対して、焦点を当て記事にしました。

 

僕らはインプット大好き!

※アウトプット方法10選を先に知りたい方はこちら

自分を成長させるために、それまで習慣になかった『 本 を読む』行為って、

めちゃくちゃ素晴らしいことだと思うんですよ!

そんなあなたに乾杯!

周りの人がテレビ見たり、携帯ゲームしたりしてる時にあなたは勉学に励む。

今は遊ぶのも控えめにして、周りに差をつけ輝かしい未来を目指してますよね。

そして気が付けば、ひたすら本を読むことに毎日を費やしてるなんてことないですか?

「勉強」というのは、

インプットとアウトプットをバランスよくして実りあるものになります

日本の学習環境はほとんど「インプット」しっぱなしのように思えます。

難しい方程式覚えても使い道がよく分からない…

実際僕は、不安になるとひたすら新しい事を取り入れる「インプット魔」になりがちです(笑)

セミナーも次々新しいのに行ってました。

僕のように「アウトプット」をどうすれば良いのか知らない人が多いのも現実です。

ということで、インプットの楽しさを覚えたら、

次のステップにいきませんか?

 

アメリカでの実験

ある学校で2クラスを選別し、一週間同じ内容の授業をしました。

  • 一方のクラスは、授業時間目いっぱい教える(インプットのみ)
  • もう一方のクラスは、授業の残り時間15分をグループワーク形式で発表にてアウトプットさせる

そして翌週の月曜日に、同じテスト問題を各クラスにさせました。

すると、残り15分をアウトプットに使ったクラスの方が平均点が30%以上も高かったそうです。

アウトプットの重要さがはっきり出た結果となりました。

一日のうち30分でもいいから、インプットとは別にアウトプットをしてください。

インプットして賢くなったつもりでも、いざ説明しようと思うと全然言葉が出てこない。

せっかく学んだことが生かせないなら宝の持ち腐れになってしまいます。

 

アウトプット方法10選

ではではアウトプット方法をご紹介します。

ぜひ活用してみて下さい。

 

その① 友人に頼んでプチプレゼンを見てもらう

一番気軽にできるアウトプットです。

「ごはんおごるから聞いて!」

ってお願いして最後に感想を言ってもらいましょう。

目的は第三者の目線で見てもらい反省し、次に役立てる事です。

友達は、ごはんをおごってもらえて、暇つぶしにもなり、

新しい事が学べるという三大メリットがあります。

そしてあなたの頑張りを見て、友達も

「よし、私も成長しよう!」

と、火付け役になるかもしれません。

 

その② 世間に告知してセミナーを開く

これは大いに自分を成長してくれます。

もし、この場を与えられたなら迷わず引き受けることです!

実践の機会が多いほど成長スピードが増していきます。

Facebookやツイッター、宣伝サイトなど無料で世間に告知できるツールが沢山あります。

チラシやポスティングもいいけど、ノーリスクで始められることから格安でもやっていきましょう!

そして重要なのが、

未完成でも世に出すこと

完璧になるまで出し渋っていると、気付いたら棺桶の中です。

世に出しながら常に磨きをかけていく事が成長であります!

 

その③ 作文を書く

これは小学校でやっていたのではないでしょうか?

読書感想文なんかまさにそうですよね。

「読んだことをどう感じるか文にする」というのは、

「見た事、肌で感じた事」を自己表現するのにも役立ちます。

感性豊かな人間に磨きをかけることをしない理由がありません。

 

その④ 論文を書く

これは「作文を書く」に少し似ていますが少し違います。

・作文は、過去に感じた事をどう思ったか自分の表現で文章にする。

・論文は、習ったことや感じたことを踏まえて、これからどんなことに役立てていくのか、自分はどうするのかを文章にする。

この二つは明確な線引きにこだわる必要はないと思います。

強いていうなら違いは上記の通りです。

勉強したことを踏まえて、今後どう生かすかという考えを鍛えるのは、目標設定にすごく役立ちます。

地味な作業ではありますが効果抜群です!

 

その⑤ 交流会

自分の考えを主張する場として鍛えられるのが交流会です。

初対面の輪の中に入ってお話するのは、発言力がつきます。

人脈が増えて、初対面で緊張する自分を鍛えることもできるので一石二鳥ですね。

慣れてきたら自分で開催するようにしましょう。

これも無料で使える告知サイトが役に立ちますし、人を集めるにはどうすれば良いかの経験値も積めます。

 

その⑥ ブログで発信

今では一般の人で「SNS1人1アカウント」と言われる時代に、

起業家なら「1人1ブログ」が当たり前となってきました。

まだの人はこの機会にぜひ作りましょう!

先に紹介した作文や論文を書く場として最適です。

もしあなたのブログを読んでファンができたら、商品購入へのアプローチもできます。

すでにファンなわけですから、わざわざこちらからアピールしてお願いする手間が省けます。

おススメは企業ブログよりも個人管理型のブログです。

ちなみにこのブログはワードプレスを使用しています。

※僕は「ブログをしたくても、最初の手続きがめんどくさそうで時間もお金もないし」って人の為に格安でブログ作成代行もしております。

 

その⑦ 問題集を解く

ありふれた事なんですが、大事な事なのであえてリストに入れました。

資格の勉強している人は必須ですね。

これは普通の事なのですが、資格じゃなくて問題集がない場合はどうするのか?です。

自分で問題集を作ってください

実はここにめちゃくちゃ重要な要素が詰まってます。

あなたは何かしらの商品を世の中に出すわけです。

そしたらその分野のスペシャリストになるに越したことはないはず!

それなら「教師的な立場」になる事が重要です。

教えられるということは、その分野の知識が身に付いていなければなりません。

問題集を自分で作る事で更に一段と勝手に知識が深まります。

僕なんかは「きのこマイスター」もやってるんで、きのこの問題を作ったりもします!

 

その⑧ 物(人形)にプレゼン

決して寂しい人じゃありませんよ。

これはすぐに聞いてくれる友達がいないときや、

夜中にすぐにでもアウトプットしたいときにおすすめ!

もっと効果的なのは、プレゼンをしている所をスマホのビデオ録画しましょう。

最初は恥ずかしくて見れないかもですが、

自分で気づかない癖や声のボリュームがわかり、

めちゃくちゃ効果的です。

そのままYouTubeにアップするのもO.K!

 

その⑨ 体験しに行く

「百聞は一見にしかず」そのままです。

例えば、本の著者にそのまま会いに行くとか、工場見学に行ってみるなど、

リアルな体験をすることで、脳ではなく心と体全身で身に付きます。

イメージが湧かず、分からないことは何度読んでもわかりません

無駄遣いしてるなと思うお金があるなら、ぜひこの体験にお金を使いましょう!

 

その⑩ 勇気を出す

この項目が一番重要になる人がいると思います。

これでまで紹介してきたアウトプット方法は具体的なやり方。

成長するために「勇気を出す」とうのは最大のアウトプットだと思います。

納得いきますか?

きっとこのブログを読む前から、

 

「アウトプットの大事さを分かってはいたけど」

 

と、心のどこかにあったはず。

勇気が踏み出せないあなたはダメな人間じゃない!

今のとこ勇気を出してないだけ。

いざやってみれば何のことはない。

なぜ今まで出し渋っていたのか不思議に思うくらいでしょう。

達成感を覚えると病みつきになります。

 

最後に

以上10個のアウトプット方法をお伝えしました。

頭でっかちになった人も、なってしまう人も、

今からでも遅くはありません。

アウトプットを覚えることにより、

今までインプットしてきたことが滝のようにドカッ!と流れることも珍しくありません。

あなたの成長を見守る人が必要だと感じたら声をかけて下さい。

 

LINE@にてメルマガ配信中!!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ハンディキャップを覆す専門家 , 2018 All Rights Reserved.