~輝かしい学歴、職歴、実績が無いと感じている年収400万円の30代営業サラリーマン向け~

【読んでモチベーション低下注意】「やりたいこと」と「やるべきこと」、どちらでも継続できるなら良いのでは?

2019/07/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

 

ンディキャップを覆す専門家の、めりです!

 

今回は「継続」についてです。

続かない!

という悩みを持たない人はいないくらい「継続」というのは永遠の課題です。

人類の課題とも言えますね。

これって忍耐との勝負なんでしょか?

 

継続は才能の開花までの最短距離です。

 

目次
  • 嫌な事よりも好きな事ならずっと続けてられる。という風潮
  • 好きな事もいつか飽きてくる
  • 負けん気や憎悪から来る継続
  • マズローの欲求5段階説
  • 好きな事の方が「まだ」続けやすい傾向にはる
  • モチベーションが上がらないときに
  • 思い立った時にすぐやる
  • 無感情で息をするように継続できれば無敵
  • どうすれば継続できるのか紙に書き起こしてみる

 

 

嫌な事よりも好きな事ならずっと続けてられる。という風潮

 

本当に好きな事を仕事にっていう考えが広まっていますよね。

その理由は、

  • 好きな事は長続きする
  • どうせ生きるなら好きな事を
  • 好きな事ならストレスが溜まりにくい

などなどあるわけですが、

本当にそうなのか疑問を持ったことはありますか?

 

成功している人が言うから余計に

「嫌な事はせずに好きなことして生きるぞ!」

って。

それでうまくいってるならいいけど。

 

でもね人生ってそんなに生ぬるいもんじゃないと思います。

みんながみんな好きな事してたら、

とっくの昔に世界平和は保たれているわけで、

戦争もない。

 

実際、嫌な事に耐えてやってる人がいるからこそ、

逆に楽しめる人もいる。

それが代わりばんこで繰り返されるから今があるんじゃないかと。

 

好きなこともいつか飽きてくる

 

とはいえ昔の僕は、好きな事が見つかって取り組んでみるのですが、

三日坊主とはいかなくても続かないダメ人間でした。

 

やる気はあっても他のやることが重なってモチベーションが下がったり、

気が付けば「なんでこんなことをしているのか?」と迷子になったり。

 

感情と同じで「やる気」もいつかは無くなるんですよね。

逆に「やる気」の反対(やらない気?)も永遠に続くわけでもない。

 

もしやる気が永遠に続いて継続できたら、

無敵になると思いませんか?

 

負けん気や憎悪から来る継続

 

ドラマとかで犯人が巧妙なトリックで殺人を犯すケース。

あの犯人て生まれながらに天才だったわけじゃないと思うんです。

 

というのは、憎悪から目的を達成するために圧倒的な「執着心」が生まれ、

目的を達成するまでの継続を促してますよね。

 

たいていの怒りなら時間とともに消えていくんですが。

「絶対にやってやる!」

っていう気持ちが強すぎて常人では無くなったケース。

 

ネガティブ系からの例で他にいうなら、

一回死にかけて戻ってきてすんごい成果を発揮するタイプ。

 

世の中の大抵の偉人はほとんどこのタイプ。

死に目を見て人生観が変わり、スイッチが入る。

平凡な人生など生きれなくなり死ぬまで駆け抜ける。

 

他には、子供の頃貧しかったとか、

両親からの愛を受けられなかったとか、

病気がちな体の弱い子だったとか。

 

つまり何か凄まじいネガティブな経験を経て今がある。

それなら一回人生の地獄を体験してみますか。

 

マズローの欲求5段階説でいうと

 

マズローの欲求5段階説とは簡単に説明すると、

人が生きていく上で必要な欲求には「5つのレベル」があると言われています。

 

それは、

  1. 生理の欲求
  2. 安全の欲求
  3. 社会的欲求と愛の欲求
  4. 承認(尊重)の欲求
  5. 自己実現の欲求

 

1が一番最優先の欲求で、食べるとか、寝るとか、便をするとか。

5番目が優先度が低い欲求で、理想や夢を達成したい欲求。

 

あなたがもし、何かを成し遂げたい目標や夢があって、

それに対して継続ができていないのなら、

心のどこかでは、

 

「最低限食べて生きてさえいればいいや」

 

って思ってますよね?

目標や夢があるけどできてなくてもそんなに困ってない。

 

それにこのご時世、安くて美味しい食べ物が手に入る。

 

耳の痛い話だけど、これは一旦認めて飲み込まないと次に進めませんので現実をちゃんと見て下さい。

 

好きな事の方が「まだ」続けやすい傾向にはある。

 

とはいえ、たいした人生の地獄を見た事ない人はどうすりゃいいのか。

別に夢や理想を達成しなくても「幸せ」はそこら中に転がってるんですよ!

 

と言ってしまうと分かってはいてもそれこそ夢の無い話!

それなら結局のところ、

 

「好きな事を仕事に」

 

になってしまうのである。

 

取り合えず最初のきっかけを作らない事には、

何をしたいのかも目標も立てられないので、

何でもいいからやりたい事を設定して目標を立てる。

そうしてとにかく歩を進めることをする。

 

好きな事なので多少は続く。

タイミングと環境がうまい事いけば何者にも邪魔されず好きな事を

ず~~~~~~~っとやってられる。

 

でも最初と最後に立ちはだかるのは、

僕ら大人は、お金を生み出さないと生活費がままならないという物。

焦らずにはいられない。

 

その点子供はお金の制限はあっても心配がないので、

好きな事をずっと続けやすい環境にあるのでスキルもグイグイ上がる。

 

お子さんがいる方、子供の能力を伸ばすには今がチャンスですよ!

 

モチベーションが上がらないときに

 

どんなに好きでハマることも「 壁 」は来る。

程よい壁もあれば、けちょんけちょんに打ち負かされる壁とか。

 

ヒョイっと目標が達成できる程僕らの人生は甘くないし、

簡単であればあるほどそれはつまらない人生になる。

 

どんな壁がきてコケても立ち上がって挑むには、

モチベーションをあの手この手で上げて臨んでいく。

 

モチベーションを上げる事こそも人類の課題!

 

他人にモチベーションを上げてもらうまで待ってる人はなかなか自立しにくい。

これは自分以外のせいにする人に多い。

「モチベーションが上がらないのは雨が降っているから」って。

 

一方で自分で上げられる人は何かを成し遂げていく人。

他人にうまい事上げてもらうスキルを持つ人も何かを成し遂げていく。

 

そして自分がいい感じに生きれるように「工夫」をする脳になっている。

「雨が降っているのか、水をやる手間が省けて他の事ができる♪」

 

モチベーションが上がるも下がるも自分次第。

モチベーションは「やる気」や「動機」ともいえるもので、

感情に似ている。

 

思い立った時にすぐやる

 

モチベーションは感情に似ていることから、

上がったモチベーションが永遠に続くわけではない。

 

なので、「あっやる気満々!」と思った瞬間から、

取り組むまでの時間もできるだけ短くしたい。

 

思い立ったらその場ですぐできる工夫を考える方が得策。

 

ブログのネタが思い浮かんだら、

  • すぐメモる
  • スマホから投稿できるようにする
  • 周りの目を気にせずパソコンを開いてすぐ打つ

 

僕は大阪からの帰り、電車の中でひらめいて、

家に帰ってパソコンを立ち上げた時には、

「はて?そんな斬新でもないな」

と熱が冷めてしまってた。

 

これはめちゃくちゃもったいない!

それ以来どんなひらめきも逃さない様にメモをする習慣を身に付けた。

メモすると「あっこれも、あれも」と、次々にアイデアが溢れ出る。

 

気が付いたら終点なんてしょっちゅう。

よく言う「神が降りてきた!」ってやつ。

 

後からメモっていたようではこのようにはいかない。

継続できる瞬間はのめりこめる瞬間なので逃がさないように!

(この記事を書いてる今が神降臨中)

 

無感情で息をするように継続できれば無敵

 

モチベーションを上げるのは一筋縄ではいかないし、

神が降臨するまで待つわけにもいかないし、

かといってストレスをズシズシ感じながら取りくむのも胃に穴が空きそうだし。

 

取り掛かる意欲が湧かないときこそ、

継続できれば成長は何万倍も違ったものになる!

 

それならと僕が身に付けたスキルは

「息をするようにやるべきことをやる」

である。

 

目標だけ決めて、やることを洗い出して紙に書くなどしてリスト化しておく。

後は無感情でやるだけ。

 

いきなりできるようになったわけじゃないけど、

筋トレと同じように1週間意識的に鍛えれば物になる。

慣れたらそれが普通になり「継続」してる。

 

自転車も最初は意識的バランスを取りながら乗り、

今では乗りながらジュース飲んで音楽聞いて他のこと考えて無意識で進路を変えてる。

 

息を無意識でやってるなら「継続」も無意識でできた。

 

どうすれば継続できるのか紙に書き起こしてみる

 

これは僕の例であり、おススメの方法である。

 

「めりの言うようにやってみたけどあの方法はダメだよ」

 

という人はまだ他人のせいにしてる。

人がやってることを取り入れてみうまくいかなかったことは間違いではない。

 

取り入れてみて自分なりにアレンジをして、

「どんな風にすれば自分のものになるか?」

を色々試してみる。

 

どれくらいやればいいかって?

 

できるようになるまでやるしかない。

 

できる方法なんて本人にしか分からないから。

 

あれこれ試してみる、行動してみたら必ず記録を取るようにする。

そこから反省して次は具体的なやり方を考える。

そしてまた行動、記録、反省、具体的行動。

 

これの繰り返し!

 

そうこうしているうちに振り替えると「継続できてた!」になる

着実に成長できるようになります。

 

ハンディキャップを覆す専門家の応援よろしくお願いします!

Facebook

Instagram

Twitter

 

電子書籍無料プレゼント!

僕が何も実績が無い状態で何から始めたのか!?

自信も実績も売る物も無い頃に、

試行錯誤して得た方法が詰まっています。

 

この書籍は起業や副業を始めてみようと思っている人向けに、

僕なりに「これが必要だろう」ということを盛り込んだ、

スターターブックとなっております!

 

・どんなことから始めれば良いのか?

・気を付けるべきことは!?

・知っておいた方が良い事は!?

 

などを約60ページにわたって綴っています。

字が大きめなので、本を読み慣れていない人でも安心です♪

 

ダウンロードはコチラ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハンディキャップを覆す専門家、きのこマイスター、イベント企画、セミナー講師、健康食品販売会社役員 生まれつき片耳が聞こえず、もう片方の耳も半分以下の聴力でコンプレックスのかたまり、母子家庭、自尊心もかなり低かったし沢山いじめられた!学歴も職歴もパッとしないそんな僕はハンデだらけ…。 そんな僕でも一流に負けない働き方を発信中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です